リノール酸低減式花粉症対策

花粉症の治療法最前線 

毎年春になると話題にのぼる花粉症。花粉症では薬を飲んで症状を和らげる治療が中心です。近年は新しいタイプの薬も登場しています。

サイトマップ

ヒスタミンが原因

花粉症になると、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻や目のかゆみなどによって、絶えず落ち着きのない状態になってしまいます。



こういった激しい症状の原因は、体内にあるヒスタミンという物質のせいと考えられています。

人間の体では、生命活動を維持するために、様々な神経伝達物質が働いています。

そのひとつがヒスタミンです。

ヒスタミンは、本来、体の活動性を高める役目をするものです。

私たちが、日中、頭や体を働かせて十分な活動が行えるのはこの働きによります。

しかし、その活動性は、一方で病気による痛みやかゆみなどの症状を強める働きもしてしまうのです。

たとえば、ヒスタミンは胃の痛みが強くなるときにも働いています。

花粉症で抗ヒスタミン剤が使われるのは、この激しい働きを抑えるためです。

薬のせいで眠気が出るのは、ヒスタミンによる活動性が抑えられるからなのです。

渡辺式 花粉症対策メソッド 【究】
花粉症は国民病
花粉症とは
鼻の構造としくみと役割
花粉が鼻に入ると何が起こる?
アレルギーは体の防御反応の一つ
アレルギーと花粉症の関係
感染症が減るとアレルギー疾患が増える?
鼻にアレルギーが起こりやすい理由
スギ花粉を想像しただけでくしゃみが
目がかゆいそのしくみとアレルギー
花粉症は全身に症状が出ることもある
花粉症とは間違えやすい通年性アレルギー性鼻炎
花粉症と間違えやすいその他の鼻の病気
風邪と花粉症の見分け方
症状にあった診療科を選ぶ
花粉症の診察
花粉症の検査
アレルギー性鼻炎に特有の抗体IgE
ヒスタミンが原因
花粉症の原因はスギだけではない
口の中がかゆくなる?
子供の花粉症が増えている?
民間療法で花粉症完治?
生活習慣を見直すことで花粉症を防ぐ
治療中も花粉対策
花粉症の様々な療法
花粉が飛ぶ前から治療を始める
遊離抑制剤
第二世代抗ヒスタミン剤
受容体拮抗薬
Th2サイトカイン阻害薬
レーザー治療
減感作療法(免疫療法)
舌下減感作療法
ステロイド薬
抗アレルギー点眼薬
妊娠中や授乳中の花粉症対策
子供に適した花粉症治療
適切な治療と正しい生活習慣で花粉症を乗り切る
家庭で出来る「花粉に反応しない体作り」で花粉症とは縁を切る
リンク集
花粉症“スッキリ”克服プログラム 『花粉★バスター』
重度の花粉暦24年の私が10年前から花粉症と完全にさよならできました。夢のような本当の話。ありとあらゆる花粉症対策を実践して苦節24年でたどり着きました。簡単に花粉症の症状を克服した方法!

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
リノール酸低減式花粉症対策
豪ドル 金利



花粉症の治療法最前線 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。